静岡県松崎町の紹介

舟寄神社

  神社祭神の号を積羽八重事代主命(つみはやえことしろぬしのみこと)と称し、天孫降臨の折、出雲神話国譲りの段で中心をなす神であり、ご託宣神としての神霊は皇室の護りとされています。此の神は仏神として弁財天と同じく七福神の一柱「恵比寿」として庶民に愛されており、氏神として家内安全、商売繁昌、海上安全、五穀豊穣の信仰崇敬が厚い。

 神社には二十八間の矢場が在り毎年1月19日にには奉納弓祭り、11月2日から3日の神社秋例祭は奉納三番叟や勇壮な江奈太鼓が盛大に挙行される。

fu1452.jpg